炭鉱(ヤマ)の人たちが愛したホルモン焼きが味わえる「欽ちゃん支店」
4

欽ちゃん支店

この日は、西11丁目にある「欽ちゃん支店」にホルモンを食べに行ってきました。

すすきのに本店を構える人気ホルモン焼き店「欽ちゃん」の二号店です。

この風情あるレトロな店構えがたまりません。

お店は二階。階段をあがっていきます。

階段・・・趣あるわぁ・・・

二階にあがると、また更に味のある空間が待っています。

こちらは小上がり席。

テーブル席、カウンター席もあって、お一人様にも人気。

とりあえずビール!

と、いきたいところですが、”ホルモン焼きやのホルモンサワー”というものが目に留まり。

注文してみました。

高麗人参とザクロベリーの二種類があります。肝臓エキス入り・・・

なんだかすごそうなネーミングとはうらはらに、とても飲みやすいドリンクでした。

女性にも受けそう。

早速、看板商品3種類を注文。

炭鉱ホルモン290円、シンタン400円、豚サガリ400円、たまねぎ150円。

安い!

七輪で焼いていきます。

煙がもくもく上がりますが、それがいいんです。

こちらのお店の原点はオーナーが幼少期父親に連れていてもらっていたという芦別の

ホルモン焼き屋さんだそう。

肉の仕込みにも、タレにもこだわりがすごいです。

その味を目指して、タレは現在も進化中とのこと。

賞味期限が短く、作りおきはできないというこの秘伝のタレは、ホルモンだけでなく

餃子や冷奴の醤油代わりにしても美味しいそうですよ!

食べる順序にもおすすめがあって、ホルモンを食べるとその油がタレに溶けて、

そのタレで食べるシンタンや豚サガリが絶品なので、まずはホルモンから食べるのを

おすすめしているとのこと。

おすすめ通りに順序を守って頂くと、本当に美味しかったです。

そして、ホルモンの他にも様々なメニューがありますが、

わたしのオススメはねぎめし。

ねぎたっぷり、黄身を混ぜてかきこむとそこには幸せが!

しめは七輪ラーメン!

七輪にのせた鍋でゆでてスープにつけていただきます。

これまたおすすめに従い、スープにホルモンの旨みがたっぷり溶け出たタレを

いれてみるとコクが出て何とも美味しゅうございました。

お店の情熱が伝わる、進化を続ける美味しいホルモン。これからも要チェックです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗情報

欽ちゃん支店
  • URL:http://www.katoshoten.jp/kinchan/storeinfo/shiten.html
  • 住所:北海道札幌市中央区南一条西11-327-18 上野印房 2F MAP
  • アクセス:地下鉄西11丁目駅2番出口徒歩3分
         中央区役所前駅から143m
  • 営業時間:【平日】16:00~24:00 (L.O 23:30)
         【金・土・祝前日】16:00~26:00 (L.O 25:30)
         【日・祝】15:00~23:00 (L.O 22:30)
  • 定休日:無休
  • TEL:011-222-7999
  • 駐車場:無