本場のシェフの作る本格タイ料理で、気分はタイ旅行!
3

SIAM(サイアム)

わたしにとって、定期的に食べたくなるもののひとつがタイ料理!

ということで、今回は琴似のタイ料理店まで行ってきました。

こちらは、札幌で人気の一軒で、札幌のタイ料理店で一番好きという方も多い「SIAM(サイアム)」です。

琴似と大通りに店舗があり、琴似店はビルの二階にあります。

ビル自体は他にもたくさん飲食店やスナックが入っていてよくあるビルなのですが、

お店に一歩足を踏み入れると、そこにはタイの世界が広がっています!

いいですよね~、この感じ。好きです。

この日はアルコールは控えて、ホットのジャスミン茶でスタート。

ポットにたっぷり入ってきます。3杯は軽くとれる感じです。

まずは定番の生春巻きから!

エビのシンプルなタイプです。

そして、こちらも定番ヤムウンセン。

辛さが選べるので1でお願いしましたが、わたしは1にしておいてよかった!!

こちらの辛さは本格的なので1で充分!!

でも、辛いけど美味しい!ヒーヒー言いつつ、箸が止まりません。

そして、こちらが非常に美味しかったクンチェーナンプラー。

エビの辛いカルパッチョで、エビが生なんです。

タイ料理で生を使うお料理は珍しい気がしますね。

これが酸味と辛味の効いたソースが良く絡んで絶品でした!

こちらも辛さが選べて1にしたのですが、先にヤムウンセンを食べていたせいか

辛さは全然感じませんでしたね。

お替りしたいぐらい気に入ってしまいました。

それからこちらも外せない、空芯菜の炒め物。

ビールの進む味ですよ~。

シメはやっぱりパッタイ。

ナンプラー好きのわたしは、ナンプラー増し増しで。

ちょと濃い目のソースに、レモンを絞ってサッパリと。

お店ごとで色んな味のありますけど、個人的にはこちらのパッタイが一番好きかも。

他にももっと食べたいメニューがありましたが、一皿のボリュームも結構あるので

二人だとこれでお腹一杯。

ただ、ジャスミン茶がまだ残っていたので、最後にデザートを。

ココナッツアイスとタピオカミルクです。

これこれ。これがタピオカミルクですよね。

今は黒くて大きなタピオカが流行っていますが、なんだか懐かしいこの感じ。

やさしい甘さに、少し辛さでしびれていた舌も癒されました。

昼にはランチもされていますので、いつかお昼も伺ってみたいと思います!

人気店ですので、気になった方は是非予約をして行かれてみてくださいね!

気軽にタイ気分が味わえること間違いなしですよ!

店舗情報

SIAM(サイアム)
  • URL:http://www.hokkaidothai.com/
  • 住所:北海道札幌市西区琴似1条2丁目5-3 ハシモトビル 2F MAP
  • アクセス:地下鉄東西線琴似駅より徒歩5分
         琴似駅(JR)から328m
  • 営業時間:[Lunch]11:00-14:00
         [Dinner]17:30-23:00(LO22:00)
  • 定休日:火曜日
  • TEL:011-622-2772
  • 駐車場:無