鮮度も味も抜群!ジューシーな絶品焼き鳥「焼き鳥 そると」
3

焼き鳥 そると

地下鉄西11丁目駅から徒歩約五分程の場所にある「焼き鳥 そると」にお邪魔しました。

入り口から大人な雰囲気が漂います。

お席はカウンター10席のみ、シンプルで落ち着きのあるお洒落な店内。

大人数でわいわいとは異なり、少人数で美味しい焼き鳥とお酒をゆっくりと味わうというのがぴったりなお店です。

カウンターに腰掛けると、目の前には様々な薬味がずらり勢ぞろい。

中には、あまり見かけないような珍しいものもいくつかあり、興味津々です。

大人な雰囲気の中に、コースターのイラストの遊び心が素敵。

コースもありますが、この日は軽めにということで串を数本アラカルトで注文してみました。

まずは、お通しの牛すじ煮込み。

これがもう、非常に美味しい。いいお出汁が出ています。

旨みが口の中に広がり、香りが鼻を抜け、身体の芯から温まって、このホッとする感じ。癒される・・・

お通しから自分好みの味で、この時点でもう勝利を確信。

ここから串焼きに入っていきます。

一本目は、お店のおすすめでもある「ねぎま」。

味付けは塩のみとシンプルにすることで、肉のおいしさがダイレクトに感じられるようにしているそうです。

大きめにカットされた宮崎地鶏のもも肉を使用。

外はカリッと、中はふっくらジューシーに焼き上げられていて、噛んだ瞬間に肉汁と旨みが溢れ出ます!

お肉は非常に弾力があり、食べ応え十分。

間のネギも甘くて最高!焼かれたネギの香ばしさもたまりません。

続いて、げんこつ。こちらもなかなか大ぶりです。

コリコリっという食感が楽しく、美味しい一本。

続いては、レバーを塩で。

新鮮なレバーは臭みもなく塩が非常に合うということを知って以来、わたしは塩派なのです。

タレもおいしいんですけどね。

そして、こちらのレバーは火入れも絶妙!噛むとトロっとした食感で、甘みがあって本当に美味しい!

5本、いや10本でも食べられそうですよ。レバー好きにはたまらない。

こちらは、ぽんぽち。

一羽の鶏からわずかな量しか取ることができない大変希少で人気の部位ですよね。

噛んだ瞬間のプリッとした食感と、噛みしめるとあふれ出てくる良質な脂の甘みが非常に美味しかったですよ。

そして、皮。

この日は皮も塩気分。カリッカリです。本当に塩加減が絶妙すぎます。

タレ焼きの香ばしさも良いだろうな~。次回はタレも食べてみたいですね。

そして、最後に出てきたのは、つくね!

この大きさ(笑)すごくないですか。身が詰まりまくっている感。

宮崎の地鶏と脂身が多めの知床鷄を混ぜて店で挽いているので鮮度もジューシーさも抜群ということで自慢の一品だそうです。

塩や味噌、鶏油などを調合した特製調味料だけをしっかり混ぜ込み、タレも甘さ控えめにして肉本来の美味しさが味わえるようにしているとのことですが、

まさにおっしゃる通り。肉の旨みが凝縮されていて、ものすごく満度の高い一品でした。

もう、どれもこれも美味しすぎて、結局思ったより食べていた、という話。

お通し、野菜串2種に、とりスープがついた焼き鳥のおまかせが、5種と7種とありますので、

初めて行かれるという方はそちらを注文されるのがいいかもしれませんね!

他にも季節に合わせた一品料理やおつまみなども豊富ですし、今夜は一人でしっぽりという方にもおすすめのお店です。

 

 

 

店舗情報

焼き鳥 そると
  • 住所:北海道札幌市中央区南一条西13-4-62 ベストール南大通り1F MAP
  • アクセス:最寄り駅 地下鉄西11丁目駅
         市電 西15丁目駅
         西15丁目駅から179m
  • 営業時間:火曜〜土曜18:00~翌2:00(L.O.翌1:30)
         日曜・祝日18:00〜23:00(L.O.22:30)
  • 定休日:毎週月曜日、第二日曜日
  • TEL: 011-206-1362
  • 駐車場:無