札幌市から車で約1時間! 大自然の新篠津村               源泉かけ流し温泉×絶品ジェラード
22

しんしのつ温泉「たっぷの湯」

新篠津村に約5時間の弾丸ドライブ温泉

ノースアクセスの本誌でもおなじみのしんしのつ温泉「たっぷの湯」。

仕事の打ち合わせや取材で度々訪問しているのにも関わらず、一度も温泉を利用したことが無いという体たらくぶり。今回は半日を割いて新篠津村まで日帰り温泉に。

14時には、所要があるので今回は弾丸ドライブ温泉(日帰り)。

9時に自宅の手稲区を出発し、10時には新篠津村に着いて温泉に浸かり、12時半には新篠津村を後にする計画。

のどかな田園風景が広がる新篠津村

3月23日 8時50分に自宅を出発。あいにくの曇り空。

高速道路は利用せず、石狩手稲通を北上。

石狩市を少し走ると337号線に入る。景観がよく2車線でとても走りやすいくドライブに丁度いい。

新篠津村への案内看板。左にはいり1車線に。

道道なのか何なのわからないが、ここからがお気に入りの景色。

遮るものがない田園風景。今回は雪が溶けはじめて土と雪が混在する景色で、オンシーズンより魅力減なのは残念だが、相変わらずの絶景。特に新緑の季節や紅葉の季節がイチオシである。

絶景だが吹雪の時は要注意。ホワイトアウトの時には本当に死にかけた。冬は必ず天気予報をチェックしよう。

 

有機野菜も有名。4月には野菜の直売所オープン

9:50分温泉着。

たっぷの湯は道の駅とロビーは一緒。

玄関周りにはまだ多くの雪が残っている。

観光シーズンは、野菜の直売所「産直市場」がオープンする。

4月28日オープンの表記が見える。

新篠津村は有機野菜の農家さんが多いようなので、素材の良さには定評があるようです。

 

自動販売機で日帰り入浴券(500円)を購入。

ロビーを見渡すと、わかさぎ釣りの受付がある。

聞いてみると、明日までわかさぎ釣りを行っているとのこと。

3月下旬で、わかさぎ釣り。新篠津村の自然、やはり凄いです。

※写真はイメージです

 

100%源泉かけ流し! 露天風呂がオススメ

 

メインの内風呂は、一部が区切られジャグジーになっている。そんなに大きくないが、清潔感があり、ゆったりできる。

内風呂のほかには、サウナと水風呂と打たせ湯、そして露天風呂。

露天風呂は熱すぎず、ぬるすぎず、長時間入浴するには丁度いい温度。

柵の向こうを覘いてみると、わかさぎ釣りの小屋が見える。

夏は湖なのだろう。湖が見たかった。

でも、春の空気は澄んだ感じがして気持ちがいい。

入浴と半身浴を繰り返しながら、40分間露天風呂でリラックス。

100%源泉かけ流しだけに、茶褐色の湯は肌がスベスベになった感じがする。

女性の方々には喜ばれそうな湯だ。

入浴後は休憩室にあったマッサージマシン(10分100円)。

マシンでもとても気持ちがいい。結局2回利用。

 

イタリアンジェラート リコリコ

「たっぷの湯」施設内にある、本格イタリアンジェラート リコリコ。

常に10種類以上が楽しめる、地元の野菜や果物をつかったジェラート。

シングルとダブルと悩んだが、おっさんなので、今回は無理せずシングルに。

今回は「黒蜜きなこ餅」をセレクト。

くどくなく、あっさりとした味わいながら、きなこの風味はしっかりとしている。中にお餅のような食感もあり、はじめて味合う感じだ。

シンプルに美味しい。

温泉よりもジェラートが印象に残るくらいのインパクトだ。

こちらもオススメしたい。

最後に「北欧のまち 道の駅とうべつ」で一息

 

たっぷの湯を12時半に出発。気付いたら晴天。

途中、昨年9月にオープンしたという当別の道の駅に寄り道。

ログハウスのような木が印象的な駅内にあるジョージアカフェで珈琲を購入。

あのジョージアかな?

 

一息ついて札幌へ。

13時半前に到着。

9時に家を出て、温泉・マッサージ(マシン)・ジェラート・道の駅当別を周って、約4時間半。

ちょっとした空き時間がある休日には、いいルート。

 

冬はわかさぎ釣りや夏はグランピングや花火大会、パークゴルフなど、

どんな季節でも楽しめるおすすめ温泉宿です。

気軽に行ける距離なので、思い立ったら新篠津村へどうぞ。

店舗情報

しんしのつ温泉「たっぷの湯」
日帰り入浴 10時~23時 500円