大吟醸の酒粕を贅沢に使用した酒粕ソフトクリームを食す「千歳鶴 酒ミュージアム」
9
※写真/千歳鶴様提供

千歳鶴 酒ミュージアム

女性杜氏がいることで、最近TVや雑誌でもよく取上げられている千歳鶴さん。

今回、千歳鶴さんが運営する「酒ミュージアム」で打ち合わせをさせていただきました。

酒ミュージアムは、お酒のあるライフスタイルを提案してくれる

コミュニケーション空間とのことで、

千歳鶴さんの今までの歩みが知れる展示コーナーや

試飲コーナー、イートインスペースなどがあり、

千歳鶴さんのアンテナショップような感じです。

 

小一時間ほど打ち合わせをさせていただき、

帰社するところですが「酒ミュージアム」に来たからにはただでは帰れません。

何かいいネタがないか探します。

期間限定商品をはじめ、

酒ミュージアムでしか買えない商品もあります。

純米吟醸 春しぼり 1,400円。

女性受けしそうですね。

また、酒好き兼編集者には、たまらないネタがコレ。

今までのポスターが掲示されています。

これは、出版社に勤める広告マンの私にはたまりません。

千歳鶴さんの積み上げてきた歴史を強烈に感じます。

ただ、今回取上げるのは日本酒ではありません。

 

下戸でも「もう1回食べたい!」

 

その中で目に止まったのは、「酒粕ソフトクリーム」です!

以前に甘酒ソフトキャンディをどこかで食べたことがあって、

甘酒が苦手なこの私が「美味!」と感じたことが脳裏によぎりました。

酒粕とソフトクリーム? これあり?

多分そう思いますよね? 私は正直そう思います。

だからこそ、食べる価値があります。

酒粕ソフトクリームというだけあって、

お酒好きにはたまらないソフトなのかと思っていたら、

そんなことはありません。

お酒が苦手な人にこそ味わって欲しいと思います。

 

話を聞けば、

千歳鶴さんの大吟醸に使われている酒粕を使用しているとのことで、

上質な素材を元に作られています。

 

大吟醸の酒粕。それは聞くだけで美味しい感じがしますね。

 

お酒の味を強く感じるわけではなく、

口に運んだときに甘酒のような甘い風味が口いっぱいに広がりますが、

後味はとてもさっぱりしていて、

コクがあり、濃厚な感じです。

今回、一緒に同行したスタッフは、

下戸だったんですがあっという間に完食です。

 

お酒が苦手な人でも食べられますというレベルではなく、

お酒が苦手な人でもまた食べたくなるそんなソフトクリームです。

もちろん、お酒好きにはたまらない一品というのは言うまでもありません。

 

量もボリューム満点で、コストパフォーマンスは最高ですが、

小食女子は一つを2人でシェアしてもいいくらいです。

 

酒ミュージアムでお酒はもちろんですが、

酒粕ソフトクリームで、「お酒」を感じるのもおすすめです。

店舗情報

千歳鶴 酒ミュージアム
  • URL:https://www.nipponseishu.co.jp/museum/
  • 住所:札幌市中央区南3条東5丁目1番地 MAP
  • 営業時間:10:00 ~ 18:00
  • 定休日:年末年始
  • TEL:011-221-7570 
  • 駐車場:駐車場 有り(酒ミュージアム利用のお客様は30分無料/但し、1,000円以上お買い物された方は60分まで無料)