五稜郭公園で令和最初の桜を見に行ってきました。
5
五月一日、日本の元号が平成から令和に変わりました。令和は万葉集の梅花の歌から取ったそうですが、ちょうど桜の時期です(北海道では、ですが)。

理由あって函館にいる私は桜を見るべく五稜郭を訪れました。

五稜郭公園

五稜郭公園はもちろん、北海道では指折りのお花見スポットです。

約1600本の桜はソメイヨシノがほとんどですが、ヤエザクラやシダレザクラも少しですが見られます。

ところで令和最初の桜というと、なんだか縁起がいいような気がしますね。

 

貸しボートで堀から桜を楽しむのも粋ですね。

 

橋を渡ってすぐに藤棚があります。季節になると美しい満開の藤のトンネルになるので、ぜひ見ていただきたいです。

 

公園内部は左を見ても右を見ても、桜が視界いっぱい広がります。

 

五稜郭の桜は背が高くないので、桜の花を近くで楽しめるのもおすすめポイントの一つですね。

 

花を見ながら人の流れに乗って歩いていくと、公園のちょうど真ん中に復元された箱館奉行所があります。有料ですが中を見学することもできます。

 

公園の中に入ってから、土塁を上ると堀の対岸側に上がれます。外周の並木も素敵ですが、こちらの桜も見ものです。

場所によっては雲海のように上から桜を見ることもできます。ただし足元には十分ご注意ください。

 

最後に五稜郭タワー内にいる土方さん。イケメンです。桜が似合いますね。

そういえば函館には「土方歳三最期の地碑」があり、全国の土方さんのファンが訪れる場所があるのですが…それはまたの機会にでも。

 

今回は昼間の写真のみでしたが、夜も期間中はライトアップされて夜桜が楽しめるのでお勧めです。気になる方はぜひ。

店舗情報

五稜郭公園